紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

OMG! 失敗ミンスパイ

OMG! 失敗ミンスパイ

OMG!!!!! 何ということでしょう。
失敗ミンスパイのお話・・・させていただきます。

12月に何度も何度も焼くミンスパイ。
昨日も、今日の「クリスマスティータイム」のレッスン用に、
夕方、24個焼きました。(そして夜、もう24個焼くことに...)

私のミンスパイを、生徒さん達が喜んで下さり、楽しみにして
いただけるのが嬉しくて、ついつい、ミンスミートを多めに
入れて差し上げたくなってしまいました。

これは・・・失敗のもとなのです。何度やらかしたでしょう。
なのに、学習能力がないのか、美味しいものの欲に負けるのか、
「もうちょっと入れても大丈夫かな?」「あと少し・・・!」
と思ってしまい。

焼いている途中、オーブンの中をのぞき込むと
ミンスミートが煮立って溢れてきている。
あ・・・‟また"やってしまった。(涙)

溢れたミンスミートが型にくっつき、焼きあがって取り出す
時に型から外れなくなるのです。外そうとするとボロボロに。
もったいないので、私は、それらをほじって食べるのです。

ブリジッド・ジョーンズが42個食べたことを思えば序の口ですが、
私、昨日、ミンスパイを20個食べました。(ほじって)
たったの4個だけが、無事にきれいに外れました。
そして今日は、とても食べる気になりませんでした。(涙)

ミンスパイを作る皆さん、ミンスミートは7、8分目までですよ。
欲張っちゃいけません・・・。こうなります。
結果、ミンスパイは台無しで、貴重なミンスミートがもったいない
ことになってしまいます。

この後、頑張ってもう一度焼きました。
今日は、こんな、私の失敗のお話でした^^

(2016年12月17日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ