紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

ご協力のお願い

皆様のおかげでここまで続け
させていただいているCosy&Rosy...
支えて下さっている皆様、
いつも本当にありがとうございます。

全ての皆様に対してではない
内容でありながら、ここ数年
ご理解のお願いをさせて
いただきたく思っておりました
ことを、今日は記させていただく
ことにしました。
ご気分を害してしまいましたら、
誠に申し訳ございません。

メールやSNSのチェック、検索等、
レッスン中にスマートフォンや
携帯電話を操作される方が増え、
レッスンの場作りが、苦しく
なってまいりました。
皆様に寛いでいただけたり
心を開放していただける
ことは嬉しいことなのですが、
「場」を共に作る上での
マナーにご協力いただけると
大変ありがたく思います。

‟講師の私の意識と目が皆様
一人一人にきちんと行き届く
範囲で"という姿勢を貫きたく、
広い場所で大人数ではなく、
自宅のダイニングテーブルを囲み、
小人数でのレッスンや会を開催
しています。
調理や制作などで和気あいあいと
おしゃべりしながら手を動かす
教室と異なり、Cosy&Rosyは、
特に座学が多く、講師の話を
聞いていただいたり、テーブルを
囲むすべての皆様に意識を
傾けていただくレッスンも
多い教室です。

なので、
(写真撮影はもちろん歓迎ですが)
どなたかが、レッスンの最中に
携帯電話をいじっているのは、
たとえ一番離れた席でも、
テーブルの下での操作でも、
講師からも、他の方からも
よく見えますし、
Cosy&Rosyにいながらの
他教室の話題や誘い合い
などのお話も聴こえますし、
その様子も全員の視界に入ります。
その行為により一瞬で乱れてしまう
「場」と「心」が、残念です。

でもそれは
私の力不足のためでもあります。

それが出来てしまう環境だと
思わせてしまっていること、
それが許される講師だと
思われている私であること、
それが一番の原因なのです。
自分が情けないです。

何人かの生徒さんから、時々、
「先生、よく心の平静を保って
すすめられますね」
「なんでここのレッスン中に...」
など、後でお声をいただくことも
ありますが、その心配をさせて
しまうことも申し訳ないです。

Cosy&Rosyのコンセプトを
維持しながら、どうやって
教室を気持ちよく作っていくか、
私自身、色々と精進し、
立て直していきたいと思います。

このような投稿をすることは、
Cosy&Rosyの恥でもありますし、
お読みいただいている皆様に
対して、苦しさを覚える
ばかりでしたが、
仕切り直してCosy&Rosyを継続
していくために、お伝えさせて
いただきました。
不愉快に思われた方には離れ
られてしまうと思います。
これからCosy&Rosyに...と
思って下さっていた方の足も
止めてしまったかもしれません。

誠に申し訳ございません。

これから、アットホームで
肩ひじ張らない楽しい場で
ありながらも、皆で良識を
持って「良い気」と笑顔を
共有できる時間と場を作れる
よう、主宰者として調える
努力を致しますので、
何卒、ご理解、ご協力を
お願い申し上げます。

※ご自宅やお仕事の事情で、
やむを得ずお電話や連絡の確認
の必要がある等、予めその旨を
仰って下さっている皆様、
お心遣いありがとうございます。
上記とは観点が異なること
ですので、どうかご遠慮なく
これからもお申し出下さいませ。

このような内容の長文に
お付き合い下さった皆様、
誠にありがとうございました。

(2019年10月 6日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ