紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

手仕事

手仕事

毎週木曜日、ショップの開店前にティンシャで場を清めてからお茶に触れ、お客様をお迎えします。

ご注文のお茶が、機械で自動計量され機械で自動的にパッキングされた既製品の取り扱いではなく、計量、調合、袋詰め、手書きラベル等「私の手を介したもの」であるのは、思いや願い、私が込めるエネルギーまでもが宿って指先から注がれるものと心得て、「整える」ことを意識した環境と心で携わるようつとめています。

手って、すごいと思う。

おにぎりが、すごく分かりやすくないですか?

材料の銘柄や産地をどんなに掲げられても機械で作った市販のおにぎりではなくお家で作ったおにぎりが断然美味しい。

祖母や母が握ってくれたおにぎりほど大好きなものはありませんでした。

それと同じだと思って、お茶を扱い続けたいと思います。そして、私のお茶を飲んだ方がホッとしたり幸せな気持ちになって下さったら、そんな嬉しいことはありません。

こんなお話をしていたら、お茶ではなくて.....無性に梅のおにぎり食べたくて仕方なくなりました。焼鮭も、塩むすびも、いいなぁ。

(2022年9月15日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ