紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

ズッキーニとライムのケーキ 英国菓子

ズッキーニとライムのケーキ 英国菓子

今週火曜日の午前レッスンで、ズッキーニとライムのケーキを作りました。私のキャロットケーキのレシピとほぼ同じメソッド、つまりは拍子抜けするくらい簡単です。ただでさえ簡単なのに、ボックス型のおろし器を使うとあっという間で、あちこちに飛び散らかることもないのでオススメです。(フードプロセッサーは、使った後、洗ったりよく乾かしたりがむしろ面倒な私です。包丁は時間がかかるし飛び散りますし) この簡単なケーキは、きっと生徒さんも、手軽なおやつのレパートリーの一つに加わるのでは♡

この日はキャロットケーキの様には仕上げず、マスカルポーネにライム果汁を多めに入れて緩いクリーム状にして、ケーキにポタっと流しかけました。(ライム感が増して爽やかさ倍増!真夏はこの方がおすすめです。今回も10月なのに夏の様な暑さでしたので、これがぴったりでした)

20211005 (4).jpg


そして、昨日の紅茶のおともも、ズッキーニとライムのケーキでした。火曜日は夏の様に暑かったので、ライム(&すだち)果汁をたっぷり使い緩いクリーム状にしましたが、今日は涼しかったので、いつものパターンでフロスティングをラフに。
そう...ラフに;)←イギリスのリアル感
このライムが香るマスカルポーネのフロスティング、たまりません。バタークリームとは違い、甘すぎず、柑橘の酸っぱさが砂糖の甘みを消してくれます。(糖分を控え過ぎても味は美味しくまとまりません) 軽いので'くどさ'のようなものは全く感じずに美味しくいただけてしまいます。

20211005 (6).jpg

(2021年10月 7日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ