紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

英国料理 パイのおはなし

英国料理 パイのおはなし

4/30の午前レッスンは、イギリスごはん「Chicken & Bacon Pie」でした。
このパイを含め、時々色々なタイプのパイを作ります。後で冷凍保存もしたい時やピクニックに持って行きたい時などは、タルトやキッシュの様に全体をパイ生地で覆ったものを作りますし、家族用に大きな器でドーンと作る時やささっと作りたい時は、フィリングを直接耐熱容器に入れてトップをパイ生地でカバーするだけの時も。(今日のような深いココットを使う時は特にそうです)

そしてこちら ↓ は、今日5/1。午前レッスン後の、息子とのお昼ごはんのパイです。

20210430 (2).JPG

昨日のレッスンでは、生徒さんにどの器で作りたいかうかがって大き目のココットになりましたので、上部を覆うパターンのパイでした。そのため、この写真のようなパターンのパイもお話させていただいたので、今日のブログで紹介させていただくことにしました。(でも、このパイはタルト型で焼いているので、厚みはココットより当然浅く、量的に皆さんが足りるか心配だったのでちょうど良かったです^^)

さて、本題です。度々、パイを含め食事の付け合わせについて質問を受けます。どのようなパイなのか、大皿から取り分けるのか、個々用にパイ皿やココットで作り、そのまま食べるのか...によって変えます。パイ生地を使うパイでも、シェパーズパイのようなポテトで覆うパイでも、付け合わせなしで個々用の器のまま単品で食べる場合もありますし(→この場合グレイビーなし。フィリングの味付けが濃ければ、水分欲しいだけで尚のことグレイビーいらないかも。お店で買って、その単品をそのまま公園のベンチで食べる人も多く見ますよね)

または、作ったパイをディナー皿に移して食べる場合は、ローストベジや蒸し野菜を添えて'全体に'グレイビーをかけます。マッシュポテトとグリーンピースなど、よくあるパターンです。(今日はマッシュポテトとブロッコリー、にんじんでした)。
そして、熱々の器ごとディナー皿に乗せて付け合わせも添える場合は、ディナー皿を温めておかずにリーフサラダやガーデンポテトを添えたりも。(グレイビーなしで、そのままかS&P少々だったり)

テーブルマナーの話ではありませんので、「これが絶対」「これが正解です」と言うのはつまらないですよね。でも、この料理にはこういう付け合わせ、こういうソースが定番というような「傾向」は色々ありますので、レッスンの中で紹介させていただいています。

(2021年5月 1日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ