紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

イギリス英語とアメリカ英語「t」の発音

イギリス英語とアメリカ英語「t」の発音

T is for Tea☕️
Teaを飲みながら「T」の発音談義。

Hさんのプライベートレッスンで、Teaの音の流れから、英語の「T」の発音の話をさせていただきました。
英英と米英で、同じ単語でも発音の違いが明らかにありますよね。

「t」がつく単語、たとえば、WaterやPotato、Tomato etcイギリスとアメリカの発音の違いがとても分かりやすいです。

今回はたまたまTeaから「t」の発音についてでしたが、よく認識されているものでは語尾の「r」や、"ca●●●"の「ca」「a」など。

対象の単語自体が違ったり、発音やスペリングの違い、文法的なちょっとした表現の違い、"特有の表現"まで、色々です。

私は英英に慣れてしまったけれど、息子は英と米の英語の様々な違いに柔軟に対応できるのが羨ましい。

何事も、できるだけ偏らずに柔軟に違いを知ろう(知っておこう)、受け入れようとする意識はきっと、当たり前のように"多様性"に臨機応変に応対できる「地球人」「社会人」「真の友情」というものを形成していくのだと思います。

子どもたちの未来が、Love & Peaceの世界でありますように。

(2020年6月20日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ