紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

桃とミントのお茶

桃とミントのお茶

東北の友人が連絡をくれました。「長野も桃がたくさんあるかもしれないけど、良かったらぜひウチの桃も食べてみて♪」と。いえいえ、我が家は桃は買って食べておりますよ。桃の消費に困ってなどいませんので、嬉しい限り。
先日届いた、さっちゃんのお家のもも、甘くて濃くて本当に美味しい!そんな桃は、そのままいただくのが一番贅沢で美味しいのですが、ふと思ったのです。

「この桃でピーチティーを作ったら、もしかしたら今までで一番美味しいピーチティーになるかも♪」

大正解でした。香りも味や甘みもしっかり感じられるピーチティーとなりました。私がフルーツティーを作る時に使う茶葉はだいたい決まっているのですが、桃とアッサムの相性がけっこう好きなのです。けれど100%アッサムにせず、アッサムとキャンディをブレンドして作りました。そして、アクセントとなるミントも。良いバランスでした☆ (なぜ、濃いアッサムとフルーツを?と思われた方もいらっしゃるかも。通常より茶葉量を少し減らしてライトに仕上げると、桃と仲良し~って味になります。)

私は、食事はシンプルで素材を最も感じる調理法が好きなのですが、果物も、だた切るだけorガブっとする、‟そのままの果物"、紅茶も、普通に淹れたシンプルなお茶という、余計なことをしないいただき方が一番好きです。
なので、リクエストをいただいたり、レッスン内容の応用として紹介する以外、私生活で「アレンジティー」というものを好き好んで作ることがないのです。見た目は「わぁ~♡」と思っても、そこまで美味しい!とか、また飲みたい!とは、思わないからです。「美味しい紅茶の味と香りがする、シンプルな紅茶」が、その後必ず飲みたくなるので、自分の感覚に正直にCosy&Rosyでもシンプルな紅茶の良さを中心にお届けしています。

そんな私ですが、桃や葡萄を使うホットフルーツティーは、プライベートでも年に1,2回は作るのですよ。なぜかしら?と自問自答です。

A:最後ティーポットに残った「紅茶を吸った温かい桃や葡萄」、これを食べるのも美味しいから。(果物によっては、食べたくない状態だったり美味しくないものもあるのです。)だから、美味しい果物をお茶の抽出に使って終わりなんでもったいない!と思わずに、(私は)最後までいただくことが前提だからかもしれません。

20200805 (1)450.JPG

(2020年8月 7日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ