紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

「紅茶教室」という看板を外します。

「紅茶教室」という看板を外します。

少しずつ生徒さんに口頭でお話をさせていただいて
おりましたが、大事なお知らせがございます。

Cosy&Rosyは「紅茶教室」という看板を
外すことに致しました。

このお知らせをアップするまでに、何週間も
書き直すばかり...。
どういう意味なのか、その意味を文章でお伝え
できるか自信がありません。

結論としては、紅茶はこれからもお伝え
していくのです。
― それなら紅茶教室のままでいいのでは?
なぜわざわざ?損の方が多くない?と
お思いになるかもしれません。

私は、‟今のCosy&Rosy"から
「Cosy&Rosy=紅茶教室」という代名詞を、
そして「紅茶教室」と聞いて日本で連想する
イメージを外したいと思いました。
5,6年前から「紅茶部門」と「英国文化部門」
に分けての運営に致しましたが、
「紅茶教室」という名前が残る限り、
思うようにCosy&Rosyを作れないと
判断しました。

紅茶は、
■紅茶調合室を営ませていただく立場と観点で
「もっとシンプルに紅茶・茶葉そのものと向き合う」
という姿勢が第一にある学びの場を作らせて
いただきます。
→今後、紅茶の素晴らしさは、紅茶調合室からの
「講習」という位置づけで、お伝えすることを
続けさせていただきます。
■「イギリスの暮らしの教室」と「紅茶調合室」
この2本がCosy&Rosyの業務内容になり、
「紅茶調合室」の中に、紅茶講習を含ませて
いただきます。

また、紅茶のお取り扱いでお世話になっている
店舗様にはこれまでも紅茶教室としてでなく、
紅茶調合室としてのCosy&Rosyがお茶選びや
調合をさせていただいております。
これからも同様に継続させていただきます。

「紅茶教室」という看板を外し、
「紅茶教室」とは名乗ることも紹介されることも
なくなるのは、つまりは、この「紅茶教室」
という大きなキーワードで
‟検索でもひっかからなくなる"ということでも
あります。 ですが、
今のCosy&Rosyにとっては必要ありません。


「イギリスの暮らしの教室」「紅茶調合室」
ものすごくコアです...。でも...いいのです。

これ以上は文章にすると長くなるの思います
ので、ブログ上は控えますね。

屋号もCozy&RosyからCosy&Rosyに変えました。
まだまだ変更が追い付かないものも
ございますが、心機一転、Cosy&Rosyも
新たな令和時代をスタートさせていただきます。

今後とも
「イギリスの暮らしの教室」「紅茶調合室」の
Cosy&Rosyを 何卒よろしくお願い致します。

            Cosy&Rosy 原 夕美

・屋号変更のお知らせ → コチラ  

(2019年4月26日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ