紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

ビーフキャセロール&大きなヨークシャープディング 英国料理

ビーフキャセロール&大きなヨークシャープディング 英国料理

Beef casserole & Big Yorkshire Pudding

特大サイズのヨークシャープディングを器にして、コトコト煮込んだビーフキャセロールを入れる...これも食べ方の一つです。プディングを切ると、同じお皿にそえてあるマッシュポテトや蒸し野菜にもソースのように広がるので、それを楽しむのも美味しいのです♪

「へぇ~」と思うと同時に、こんな大きなヨークシャープディングも作ることあるんだ!と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私も最初、びっくりしたのですよ。もともとヨークシャープディングが好きなので、この大きさに大興奮したのを覚えています。
ビーフキャセロールがたっぷり入ったヨークシャープディングだなんて、なんだかワクワクしませんか?^^

(2020年1月19日)

英国の世界遺産 ストーンヘンジ (Stonehenge)

英国の世界遺産 ストーンヘンジ (Stonehenge)

イングランド南部ウィルトシャーのソールズベリーから北西に13km程に位置する謎めく環状列石(ストーンサークル)、ストーンヘンジ。 1986年に世界文化遺産として登録されています。また、登録古代モニュメントとして法的に保護されていて、イギリスの国家遺産として保有・管理されているそうです(周辺はナショナル・トラストが保有)。

4500~5000年の歴史があるこの遺跡の目的については、太陽崇拝の祭祀場、古代の天文台、ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂など、様々な説があるようですが、誰が何の目的で建てたものなのか謎に包まれたまま未だ結論は出ていません。そのことに、むしろ強い神秘性を感じさせられますよね。

blog20191207 (8).JPG

陽光の向きによって、同じ時間帯でも全く違う時のような写真を撮ることが出来ました。現代にいながら計り知れない歴史とパワーが押し寄せてきて、鳥肌が立つ神秘性があります。ストーンヘンジを始めて肉眼で見たのは、もう15年前。変な言い方ですが、その時とは私自身の‟細胞"の反応が違う...と思いました。
それはきっと、自身の知識や経験や興味が、その頃とは変わっていて、その上であらためて訪れていたからかもしれません。きっと意識が集中したのです。

ストーンヘンジから少し離れたところにはビジターセンターがあり、そこにストーンヘンジのチケット売り場があります。そのチケットを持ってシャトルバスに乗り、間近まで行くことができるわけなのです。(ストーンヘンジを間近で観ることを目的としなくても、普通の車道からも、離れた場所にあるストーンヘンジを見ることも可能。)ここで日本語版もあるオーティオガイドを貸りることができるので、それを聴きながら観られるのも嬉しいです。ストーンヘンジのいくつかのポイントに番号がふられていたのですが、各番号の場所に近づくと、その石などについての説明がされるので、ストーンヘンジを細かく知ったり感じることができます。
最後に、ビジターセンターにはカフェやショップ、トイレ、展示コーナーなどもあるので、そちらも寄ってから...♪ 私は、このエリアのパワーを感じられそうな(取り込めそうな!?)あるものを買いました^^

(2020年1月17日)

Spodeでティータイム

Spodeでティータイム

スケジュール上や先週のお知らせでお伝えしておりましたが、今日は木曜日ですがショップをお休みさせていただきました。人間ドックに行っておりました。(明日午前も別の検診でお休みです)

朝食を抜いたのもありますが、人間ドック終了後の、病院の食堂でのお昼が足りなくて...帰り道、"身体に優しい材料で、でも食べ応えのある美味しいものが食べたい" ...ということで、長野市三輪にあるHEIHACHIRO BAKE SHOPさんに立ち寄り、お茶のおともを♪ すっかりお腹も喜び、心も満たされました。

今日の気分で選んだのは、ブルー&ホワイトのティーセット、Spodeのブルーイタリアンでした。ティーポットは、(ブルーイタリアンのポットは3~5人分にちょうどいいサイズなので)違うブルー&ホワイトのウィローパターンのデザインの小ぶりのサイズのものを使いました。気分でティーセットを選ぶのは、いつも楽しいです。高価とか華やかとか、そういうことへの特別感ではなくて、純粋に好きかどうか、心がポカポカしたり、ワクワクするかどうかの自分軸の感覚。「自分のハッピー」は、さもない、こういうところから作れると、日常こそが愛おしい時間に感じられるので嬉しいです。
ティータイムの魔法は、紅茶の効用だけでなくて、選ぶティーセットや、紅茶のおともにもエレメントがありますね♪
Have a peaceful teatime...

(2020年1月16日)

Chicken&Mushroom&Potato Pie イギリスご飯

Chicken&Mushroom&Potato Pie イギリスご飯

我が家のイギリスごはん「Chicken&Mushroom&Potato Pie」。

冬休み中、12/30~1/3にかけての‟普段の和食とは違う和食"に飽きた息子からのリクエストで、我が家に戻ってから作った ある日のお昼ごはんです。

こちらもそうですが、パイと言うけれどパイ生地を使うわけではなく「ポテトがトップを覆うタイプのパイ」は、イギリス料理の中に色々あります。

ちょうど、来週 1/24(金)にイギリスごはん「コテージパイ」のレッスンのリクエストをいただきました。 コテージパイもそう♪ ポテトがのるタイプのパイです。 Cosy&Rosyではよく登場するメニューなので、生徒さんは召し上がって下さっている方が多いかもしれませんが、寒い時季に、湯気が立つアツアツの出来立てをハフハフ言いながら食べたい方~(笑)、ぜひお出かけ下さいませ。

○スケジュール(1/15更新)
https://cosyandrosy.com/schedule/
※2月のグランマのバスケット:日程変更のご希望があり残席がある曜日が変わりました。


(2020年1月15日)

英国の台所 Borough Market ロンドン

英国の台所 Borough Market ロンドン

生徒さんのための12月のイギリス現地研修で訪れた、ロンドンにある、英国の台所、Borough Market。これまでも、生徒さんの研修と言えば、ほぼ欠かさないコースになります。イギリスの素晴らしい食材に限らず、世界各国の様々な食を知ることも出来る場所なので、食べてみたいもの、買って帰りたくなるものが沢山になりすぎて、何時間でもいれてしまう...。そして、お腹ペコペコでいかないと、試しきれない。

BMblog3.jpg

2019年は、クリスマスシーズンの研修だったので、イギリスの冬を象徴する定番ドリンクを味わうことも、生徒さんへの課題の一つでした。Hot Mulled Wine、Hot Spicy Cider, Brood Hot Toddy!!! 温まったぁ~(笑)

BMblog4.jpg

私が毎回楽しみなのが、大好きなチーズや蜂蜜、チャツネなど、その時々のものや生産者さんとの出会いです。今回も、とびきり美味しい色々に出会い大感激でした。

BMblog5.jpg

BMblog2.jpg

(2020年1月14日)

英国オックスフォード VAULTS GARDEN CAFE カレーとミンスパイと紅茶

英国オックスフォード VAULTS GARDEN CAFE カレーとミンスパイと紅茶

英国オックスフォード。ラドクリフカメラの隣にある素敵な佇まいのカフェ、VAULTS GARDEN CAFE。1320年に建てられたという古い教会の中にカフェがあるのですが、教会ならではの空気感が生きている...雰囲気の良い空間です。
カフェに入ってすぐ右手にメニューの掲示と共に美味しそうな色々が並んでいました。

blog2vaults.jpg

今回はランチと食後のデザートに♪というイメージで。どれもこれも、本当に美味しい。そして食器も可愛くて素敵。好みです。モリスデザインのトレーも良いですよね。

blog20191204 (49).JPG

クリスマスシーズンに訪れましたので、ミンスパイがあるわけです♪またまた注文してしまいました。美味しい! 紅茶も美味しくて、ミルクティーにしても、これがまた「イギリスのミルクティー、これこれ!この感じ!」という好みで楽しめて、それはそれは幸せな気持ちで過ごさせていただきました。またすぐに行きたいと思えるカフェです。

○Vaults & Garden○
URL: https://www.thevaultsandgarden.com/

(2020年1月13日)

イギリスごはん コーニッシュパスティ

イギリスごはん コーニッシュパスティ

本日のイギリスの暮らしの教室では、イギリスごはんのレッスンで英国コーンウォール名物のコーニッシュパスティを作りました。
レッスンでのリクエスト、登場の機会が多いコーニッシュパスティです。以前、コーンウォールを訪れて元祖のお店に行ったり、いくつかのお店で食べ比べてみたりコーニッシュパスティ作りを実際に見させていただいたり...。その後、私のコーニッシュパスティはレシピの内容も作り方も変わりました。よりシンプルになり、より素材を楽しめるものになりました。
なので、2017年7月以前にコーニッシュパスティのレッスンをご受講下さった方、または召し上がって下さった方、もしよろしければ、私の新しいレシピでのコーニッシュパスティもぜひお試しいただければ嬉しいです♪

今は冬ですが、春が来たら、コーニッシュパスティを持ってピクニックに行きたいなぁ~。

20200111-2.JPG

○スケジュール○(1/11更新)
https://cosyandrosy.com/schedule/

(2020年1月11日)

英国産チーズ スティルトン

英国産チーズ スティルトン

Cropwell Bishop Blue Stilton topped with Chutney or Honey


今日は2020年の最初の紅茶講習で「紅茶の文化と歴史」をさせていただきました。
本日のお茶の時間は、イギリスの美味しいものと一緒に。こちらのブルースティルトンが美味しすぎます。英国産のスティルトンは、世界3大ブルーチーズの一つでもありますが、日本ではゴルゴンゾーラの方がずっと馴染みのあるブルーチーズですよね。 スティルトンもぜひ♪

このスティルトンに、美味しいチャツネや蜂蜜を合わせて...。胡桃や洋ナシも相性ばっちりです。


1、2月は、12月にイギリスで買ってきた色々(即冷凍したものも含め、12月にはお出ししていない物)がティータイムに登場する確率が高いですよ。狙いたい方⁉︎は、ぜひスケジュールチェックしてみて下さいね♡(もともとティータイムを含まないレッスンはごめんなさい)

○スケジュール○(1/10更新)
https://cosyandrosy.com/schedule/

(2020年1月10日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ