紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

英国料理 ローストディナー(サンデーロースト)

英国料理 ローストディナー(サンデーロースト)

イギリスの日曜日と言えば♪のローストディナー(サンデーロースト)。
できれば週一回、少なくとも月一回は食べないと調子が狂う、てんこ盛りのこちら。
先日の「イギリスの暮らしの教室」のペアレッスンで作らせていただきました。

余計なことは申しませんが、20年前とは全然違うの...と、むしろ今のロンドンは世界の食文化の宝庫だわ...と、イギリスの食に対して未だあるマイナスなイメージを覆し(お店や家庭によるけれど...)美味しいイギリスの味を知っていただきたいと、そこに使命のようなものを感じ、日々邁進しております。


Cosy&Rosyのコンセプトは「英国家庭の日常の再現」。お店ではなく"家庭"です。

イギリス生活の中で私の心に「♡」がついた色々を、今、ここ、日本のCosy&Rosyで"英国の家庭的なリアルさ"に徹底してお届けしていますので、ちょっとしたイギリスのおうち気分も一緒に味わっていただけたら幸いです。

(2020年10月 8日)

秋のアップルクランブル

20201005 (1).jpgのサムネイル画像

先日「イギリスの暮らしの教室」のプライベートレッスンで作った2種の林檎のアップルクランブル。
アップルクランブルはよく作りよく食べるデザートですが、今回は秋らしいテイストに仕上げたいと思っていました。でも、何をもって‟秋らしい"と言えるのだろうか...と。必ずしも秋と言うわけではなくても、普段よりスパイシーだったりナッツやドライフルーツが入っていたら、何となく秋っぽいのではないかしら??と思いまして、それらを林檎にたっぷり合わせて作ってみました。(もう少しお酒が香っても良かったかもしれません)

この時季、温かいデザートが美味しいですね。

(2020年10月 7日)

11月のスケジュール

11月のスケジュール

いつもありがとうございます。11月のスケジュールのご案内が遅くなってしまいました。申し分けありません!!
11月は、プライベートorペアレッスンだけでなく、お知り合い同士お誘いあわせの上の「4名様でのグループレッスン」も承らせていただきます。ただ、かつての4~6名様のグループレッスンの募集の時のように、残席を設けてこちらから参加希望者を募るスタイルではございません。世の中の状況を見ながら、臨機応変に応じて参ります。まずは、生活における信頼関係が成り立つお仲間同士でお越しいただければと思います。これまで同様、プライベートレッスン・ペアレッスンも大歓迎です。(12月はグループレッスンがないかもしれません)
皆様からいつどのタイミングでお問合せやご予約をいただくかによっては、私の対応(受講条件)が変わってくることやスケジュール上の表記が変わることもあるかと思いますが、ご承知おきいただければ有難いです。どうぞよろしくお願い致します。
寒くなるこれからの日々、身体も心も温まる紅茶を楽しみに、そしてなかなか海外に出れない今、イギリスのおうち気分を楽しみにCosy&Rosyにおでかけ下さいませ♪

○お申込みページ https://cosyandrosy.com/contact/

〇Cosy&Rosy到着後、玄関でのアルコール消毒、飲食時以外のマスク着用、また手洗いの際はご自身のハンドタオルのご使用のご協力をお願い致します。

(2020年10月 5日)

屋外レッスン

屋外レッスン

先日の午後レッスンは、Cosy&Rosyの目の前の公園で行わせていただきました。柳の木の下で気持ちいい風を感じながら。

生徒さんのお一人のYさんとは時々屋外講習をさせていただくのですが、プライベート(orペア)レッスンであったり、お天気に左右されるので当日のお天気次第だったり、何よりもレッスンがキッチンでのデモンストレーションや実践の必要がないレッスンでなければ開催できないわけです。なのでYさんには、定期的に「Teatime English」や「Celtic Culture」にお越しいただけているおかげで、こうして過ごせることに、私はとても嬉しくて感謝でいっぱいです。

寒くなる前に、屋外で過ごす時間も大切に楽しめたらと思います。

20201001 (2)450.jpg

(2020年10月 4日)

不思議な夢のお話

不思議な夢のお話

先日、不思議な夢をみました。夢を覚えている時というのは寝不足気味かもしれません。

夢なので一部始終覚えているわけではないですが、しっかり覚えているのが、やかんと杖を持った、金のティアラをかぶっている白鳥のことです。(不思議な姿)

それで私はなんと、5、6歳の少女。そして私は白鳥にお願いごとをするのです。「私、ティーポットになりたいの!私をTeaで満たしてちょうだい♡」

白鳥は「分かったわ」と言い、私の口にやかんから熱湯を注ぐわけです。 それで私が「あっつ〜〜いっ!」と叫んだところで目が覚めました。

夢と分かっているのですが、一体なんだったのでしょう...夢の続きを見てみたいような、もういいような。いずれにしても、ティーポットになりたいなんて、現実の世界では願いもしません。

そして先日の調合室の開店時、ティーポットに「ポットってどんな感じ?」と聞いた自分にビクっとしました。その後の妄想劇は皆様のご想像におまかせ致します♪

20201001 (1)450.jpg

(2020年10月 3日)

ロールス・ロイス様 ビスポークティー

ロールス・ロイス様 ビスポークティー

ロールス・ロイス・モーター・カーズ 東京様より頂戴したご依頼。オファーをいただいたのは、コロナの第2波が訪れる前の落ち着いてきたタイミングでした。もし今、新型コロナウィルスの感染状況が落ち着き首都圏への往来が通常通りに戻った状況であったら、私はロールス・ロイス東京様のイベントでの実演のために9/26、27と東京滞在のはずでした。しかしながら苦渋の決断で断念し、3種類のお茶のみ送らせていただきました。社員の皆様やお客様にお会い出来ず本当に残念でなりません。

小さな個人事業のCosy&Rosyをリサーチして下さり、最終的にオファーを下さったことに、感謝しかございません。理由をうかがい、こうしてこのスタンスでやってきて良かった...と思わせていただきました。だからこそ、ビジネス云々の前に、ただただ、私をお選び下さったお気持ちに、全てのやり取りの過程と"実演で"真心込めて応えたかった...。状況が晴れた際には、リベンジさせていただきます。この度は誠にありがとうございました。

20200928 (2).JPG

(2020年9月28日)

英国料理 フィッシャーマンズパイ

20200923 (2).JPG

夫婦の休日の水曜日に、フィッシャーマンズパイを作ってランチをしました。
我が家は鱈などの魚が多めで、半量が海老、帆立、イカです。(コテージパイ、シェパーズパイと同様に、パイ生地ではなくマッシュポテトをのせて焼くイギリス料理です。)

こちらはコテージパイと違って、マッシュポテトやホワイトソースに魚介類を煮た時の牛乳を使うので、その風味がするのが好きなのです。(牛乳で煮ると、臭みは消えて、美味しそうな香りだけ残ってくれます。)

これを作る時はいつも、友人のブリジットを思い出します。彼女が作るフィッシャーマンズパイが本当に美味しくて、泊まりに行かせてもらう度、一緒に作っていました。息子や夫も、ブリジットが作ってくれるご飯が大好きなので、私はブリジットからたくさんイギリスの家庭料理を習うことにしているのです。そしてそれが、Cosy&Rosyの味にもなっています。

この日私が作ったフィッシャーマンズパイも、とても美味しくできましたよ♪これもブリジットのおかげです。
白ワインにしようと思ったのですが、飲みかけの赤ワインが冷蔵庫に入っていましたので、赤で(*^-^*)。夫はビールとともに。

20200923 (1).JPG

(2020年9月25日)

Welcome to Cosy&Rosy

Welcome to Cosy&Rosy

Cosy&Rosyの教室、ショップともに、初めてお越し下さる方にとって‟どちらに行けばいい?"と思わせてしまうであろう入り口。
紅茶調合室(ショップ)営業日に、自宅玄関のインターフォンを押して下さる方も。調合室は庭に増築した自宅の一角ですので、分からなくて当然です!

↓ 紅茶調合室(ショップ)
20200922 (3).JPG
公園側(南側)の庭の方へおまわり下さいませ。※営業日は‟木曜日10:00~16:00のみ"です。

↓ 自宅玄関
20200922 (2).JPG
教室(月、火、金、土)へお越しの方はこちらでございます。インターフォンを押してからお入りいただけるとありがたいです。

(2020年9月24日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ