紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

Stir- up Sunday!!

20201122.JPG

今日はアドベント前の最後の日曜日ということで、イギリスではクリスマスプディング作りをする日曜日(Stir-up Sunday)。お願い事をしながら材料をかき混ぜます。
Cosy&Rosyのクリスマスレッスンの初回が12月2週目にあるため、私はクリスマスケーキをすでに焼いてしまいました。(IGTV動画に行程の動画をアップ済みです♪)

私がよく「クリスマスケーキのお世話を...」と言うので、どんなことをするのか(笑)、どのくらいの頻度(回数)行うのか生徒さんから尋ねられます。
※定期的にケーキにアルコールを染み込ませることを、"feed"を使って表現します。本当にその通り♪ よく寝かせているクリスマスケーキを週に一度、まるで毛布やふとんであるかのようなシートとアルミホイルを剥がして起こして⁉︎、ごはんをあげるかのようにアルコールを与えてるのですから。なので私は日本語の時は「お世話をする」と表現しているのですよ☺︎

私の場合は、ケーキを焼きあげた時と、それからクリスマスケーキを食べ始める日まで一週間ごと約1ヶ月間お世話しています。通常、ラムやブランデーどちらかでOKなのですが、デリケートな風味を与えたくて、私はクリスマスケーキに合う4種類のリキュール(ラム、カルバドス、ブランデー、グランマニエ)を贅沢に使います。

写真はある年のヨークシャーのお家でのStir-up Sundayです。stir-up中ではなくrub-in中ですが(^_^;)

(2020年11月22日)

11月も後半に...もうすぐ12月!

11月も後半に...もうすぐ12月!

皆様、こんにちは。お元気でお過ごしですか?
こうしてブログを綴っている今日は、11月20日...もうあと10日ほどで12月になりますね。状況がいつもと違う今年ではありますが、クリスマスというイベントの存在が心に灯してくれる温かな光や温度は、変わらずに心で感じています。笑顔で明るく過ごせる時間を自分の思考(意識)で作っていたいですね。

来週あたり、クリスマス会(クリスマスティータイムではなく、英国クリスマスディナー会の方です)にご予約下さっている皆さまに、人数調整のための日程変更が可能かどうかご相談をさせていただきたいと思います。春に企画したアリスのお茶会の延期と中止に続き、度々の変更を本当に申し訳ありません。定員5名様で各回のご予約を承っておりますが、外食は4名までで...とお達しが出ているので、Cosy&Rosyのスペースも考慮の上、4名での開催に変更させていただきたく思います。感染防止に対する、皆様のご協力(入室時のアルコール消毒、手洗いの際のご自身のハンドタオルの使用、飲食時間外のマスク着用)や当方による消毒や換気、(グループの際の)アクリルパネル利用などの対策のもと、過ごす時間はぜひ心穏やかに楽しく美味しくお楽しみ下さいませ。

私はクリスマスケーキのお世話をしたり、ワクワクとイメージを膨らませながら、もうすでにクリスマス月のような日々を過ごしています。

心も体も健やかに、温かなクリスマスを迎えられますように❤

さて、1月のスケジュールをアップ致しました。よろしくお願い致します。
https://cosyandrosy.com/schedule/

(2020年11月20日)

英国風クリスマスケーキ 2020

英国風クリスマスケーキ 2020

今年も大好きな時期がやってきました。Cosy&Rosyでは英国風クリスマスの準備が始まりました。まず最初にすることがクリスマスケーキ作りです。ケーキを焼く前日までに仕込みのための仕込みを済ませておきます。何種類ものドライフルーツやナッツ類を程よい大きさに刻む細かい地味な作業と4種のお酒を合わせて混ぜるまでを行っておきます。フィリングに使う自家製伊予柑ピールは、毎年冬場に無農薬の伊予柑が出回る時季に作っています。たっぷり入れますが、私のイギリスのお家の味のクリスマスケーキは、この伊予柑ピールに使う甜菜糖以外、お砂糖は一切入りません。たっぷりのドライフルーツ等が持つ自然の甘みを活かしているだけ。糖尿病を患っていたHarryも安心して食べられたクリスマスケーキなのでした。※イギリスでは伊予柑ではなく市販のオレンジピールを使用。

そして焼く当日、残りの作業を...♪

Make Christmas Cake (5)500.jpg

Cosy&Rosyのクリスマスケーキは、ここ7、8年ローフ型で長方形に焼いています。生地を型に流し入れたら、オーヴンで2~3時間、低温でじっくり焼き上げ、お酒をしみ込ませ、ケーキをゆっくり寝かせてあげます。一週間ごと、お世話のために起こしますね。

Make Christmas Cake (1-500).jpg

できた~・・・の安堵。
Make Christmas Cake (3)500.jpg

(2020年11月13日)

ヒツジの形のスパイシージンジャーショートブレッド

ヒツジの形のスパイシージンジャーショートブレッド

11/9は午前も午後も、イギリスのお菓子のレッスンでした。午前はショートブレッド作りが2回目の生徒さんのための、バリエーションレッスンをプライベートで。
ヒツジの型でぬいた、可愛いらしいスパイシージンジャーショートブレッドです♪ 生姜のすりおろし、ジンジャーパウダー、ミックススパイス入りで、とってもいい香り。けれど難点が一つ...可愛いこと(笑)。このいい香りが食欲をそそるのに、その可愛さが食べるのを躊躇させるなんて...。

英国菓子のレッスンといえば...の、お知らせです。リクエストをいただき、11/24(火)午前のレッスンで「秋のスコーン作りとお茶の時間」のレッスンを行います。4名様までのグループレッスンの予定です。(現在2名様)
干し芋とゴマのスコーン、無花果とスパイスのスコーンを作り、焼き立てを頬張り、紅茶はマグカップでガブガブいただく、なんともカジュアルでほっこりなティータイムです。よろしければ、ぜひ♪

20201109 (2).JPG

(2020年11月10日)

秋のアフタヌーンティーレッスン

秋のアフタヌーンティーレッスン

今日はアフタヌーンティーのレッスンをさせていただきました。コロナの感染が拡大した春から、約7ヶ月ぶりのグループレッスン、そしてアフタヌーンティーレッスン。あぁ...この感じ久しぶりだなぁと、しみじみ。お越しいただき、諸々の対策のご協力もありがとうございました。
レッスン中は曇り空。ちょうど目の前の公園の紅葉も色濃く映えてくれました。秋のアフタヌーンティーは、ナチュラルに設えたので、窓の外とテーブルがリンクしてくれたように思います。

20201107 (1).JPG
20201107 (6).JPG
20201107 (5).JPG

↓ お越し下さった方からいただいた写真です。どうもありがとうございました♪
20201107 (3).JPG
20201107 (4).JPG

(2020年11月 7日)

日常とお茶の時間

日常とお茶の時間

私にとってお茶の時間は、寛いだり心身の元気回復のための日常の欠かせない時間で、ある意味、それすら仕事の一部です。私自身の精神面がCosy&Rosyの中身に影響することを実感しているからです。(イギリス生活のエッセンス、お茶、ティータイムをお届けする仕事をさせていただいているが故、自身のライフスタイルが伴わずに「中身」を作れません...※私の場合です)

20201104 (3)450.jpg

そんな時間ないし、忙しい時に時間の無駄と思う方がいてもおかしくありません。私もこう見えて⁉︎ ヒマではありません。やることが盛り沢山の日は5分、10分のティーブレイク、時間がある日は1時間くらい自身の心や仕事のためになる本を読みながらのティータイムを過ごすことを続けています。そのおかげで私はCosy&Rosyをできています☺︎

20201104 (1)450.jpg

(2020年11月 4日)

英国コーンウォール名物 コーニッシュパスティ

英国コーンウォール名物 コーニッシュパスティ

先日のレッスンで楽しんだコーニッシュパスティ。
英国コーンウォールの象徴的な郷土料理の一つですが、コーンウォール名物としての位置付けに限らず英国全土で楽しめるのが嬉しい☺︎ (コーニッシュパスティのチェーン店の数も多いですね。今また大変な状況ですが、少しでも多くのお店、お仕事、人々が乗り越えていけますように...)

私はよく英国各地でコーニッシュパスティショップを見かけては買い、簡単なお昼ごはんにすべく公園で食べたりもしました。そこがパスティショップ近くの公園だと、パスティを頬張っているのは私だけではなかったりするわけです。漂ってくる匂いが違うと、その方のはどのフィリングだろう...と気になりながら、つい声をかけてしまい、コーニッシュパスティ好きのちょっとした談義を楽しんだりもしました。

今Cosy&Rosyでご紹介しているのはコーンウォールで習ったものが主となったレシピですが、各地でのコーニッシュパスティ巡りの思い出の中からヒントを得たバリエーションも時々ご紹介しています。

(2020年10月27日)

秋色の暮らし

秋色の暮らし

気温が下がり、樹々の葉も緑から黄、橙、紅...と彩りが変わってきました。秋色の暮らし、毎日変わる今という時季の素晴らしさを楽しみたいです。

家の中にも小さな秋を運び入れました。器がスポードやバーレイなどのブルー&ホワイトなので、ビアトリクスポターの「グロースターの仕立て屋」のお話の中の、ちょうどウィローパターンのブルー&ホワイトのシュガーポットが描かれたページを合わせてみました。

20201025 (2).jpg

20201025 (1).jpg

(2020年10月26日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ